Title.png

last update 2017.07.26


menu

目 次

1.項目反応理論(IRT)とは
2.ソフトのダウンロード
3.分析してみよう!
 3.1.テストデータとテキスト
     エディタ
 3.2.一次元性の確認
 3.3.項目母数の推定
 3.4.受験者母数の推定
 3.5.項目特性曲線・
     テスト情報量の表示
 3.6.順序付き多値型モデル
 3.7.名義尺度モデル
 3.8.DIFの計算
     EasyDIF
4.計算結果の妥当性

・筆者について


"English page"


TOPへ



2.ソフトのダウンロード

以下,全てzipファイルとなっております。
インストールは解凍して,任意のフォルダで実行ファイル(*.exe)を実行するだけです。

なお,以下のプログラム実行するには、「.NET Framework4.6 以上」が必要となります。
マイクロソフト社のHPなどから入手することができます。
(最近のPCであれば最初からインストールされています)

【IRT計算プログラム EasyEstimation】 Ver.2.0.3

【Differential Item Functionig計算プログラム EasyDIF】 Ver.1.1.0

【NTT分析プログラム EasyNTT】 Ver.0.3.1


【注意事項】

・以上のプログラムは全てフリーソフトです。
・著作権は熊谷龍一にあります。
・雑誌,その他の媒体への無断転載は禁止します。
・商業目的の使用は禁止します。
・このソフトウェアを使用したことにより何らかの被害が生じても、一切責任は負いません。

各ソフトの使い方は,ReadMeファイルをご覧ください。

以上のプログラム実行するには、「.NET Framework4.6 以上」が必要となります。
マイクロソフト社のHPなどから入手することができます。

また,以上のプログラムはまだバグがある可能性がありますので,ご注意ください。